NPO法人 あそび環境Museum アフタフ・バーバン
アフタフ・バーバンとは? プログラム スタッフ紹介 お知らせ スケジュール 出版物/音楽 バーバンNOW 部ログ 掲示板
プログラム
プログラムTOP
I 物語をあそぶ=演劇的体験活動プログラム
チチンプイ!おおきくな〜れ
ぐぅちょっぱっ劇場
にこにこ山はたいへんだ
魔法の森の招待状
シアター うん・どうかい
まちのCMをつくってみよう!!
まちを巡って新しい民話をつくろう
いずみこんこんわーく
いずみこんこん わくわく座
II 物語をあそぶ=自然体験活動プログラム
みんなで忍者
あそびの森の招待状
どんぐりひろば
III 公演作品プログラム
ざん・ぱら・りん劇場
ざんさんのおはなし劇場
ポンポキドン−あそびうたをあそぶ−
IV まちをあそぶ
黒マント団・忍者まちを走る
黒マント団・スパイ大作戦
まちをあそぶ・イベント(祭り)企画
忍者参上!(忍者あそびワークショップ)
まちをあそぶ・ワークショップ
V イメージ・表現遊びワークショップ
コミュニケーションワークショップ
ワークショップ・関わりの中に権利あり
I 講演『北島尚志 講演会』
II 各種講座
魔法の森の招待状

子どもと大人の表現・イメージあそび。想像力を磨く。問題解決に向けて、子どもと大人が知恵を出し合う。<願う力>を、実感する。

●対象
・5,6才親子30組(6才は就学前の子ども・場合により4才も可)
・小学1年生30人(子どものみ)

●時間
1時間15〜30分

●会場
最低6間×6間の平土間。公民館等のホール。

●当日までの流れ
・日程・会場を決め、細かい打ち合わせをします。(電話も可)
・ちらしを作り、参加者が決まったら、1週間前までに名簿(子どもは氏名・年令、男女別。大人は氏名のみ)を作り、事務所にFAXしてください。
・「火の精」の役2人を主催者の方にしていただきます。当日練習しますので、決めておいてください。(子どもが離れても大丈夫な人がいいと思います。)

●当日の流れ
・3時間前会場入り。
・終演後、主催者の皆さんととまとめ会ができるといいです。(30分位)

●用意していただくもの
<参加者が持ってくるもの>
・親子それぞれスカーフ1枚(ない時はアフタフ・バーバンからお貸しできます。バンダナ不可)
・動きやすい服装(母のスカートはNG)

<主催者で用意していただくもの>
・脚立 3台(背の高いものがいい)
・パネルになるもの(卓球台・ホワイトボード・展示パネルなど)
→何台あるか教えてください
・黒布(あるだけ使います。上記のパネルをすっぽり覆う大きさのものがあれば有難いです。)
・ドライアイス 2kg(発砲スチロール箱で保存)
・大きな鍋 1個
・大きなやかん1個と熱湯(小さいやかんなら2個)
・ワゴン(家庭用のものでOK。上記の鍋を置いて運びます。台車とダンボールでの代用可。)
・竹ぼうき 3本
・布ガムテープ 2巻
・机、椅子(様子を見て使う)
・名札用布ガムテープと油性太マジック
・アイロン、アイロン台

●出演者
4人

感想
わるいまほうつかいがたおせてよかった。またあいたいよ。(6さい)
さくせんをかんがえるところが たのしかった。(6さい)
ぼくもまほうつかいになれました。(5さい)
最後の願いをしながら、何だか涙が出てきました。この楽しい日々がずっと続くよう。<願えば力は夢をかなえる>すてきですね。とても楽しく勇気をたくさんもらいました。ありがとう。(大人)
夢があってとってもよかったです。大人も知らず知らずのうちに入り込んでいました。(大人)
| このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright (c) Afutafu-barban All Rights Reserved.